インテリジェントWi-Fi機能が搭載され、移動中はバッテリーの消費を抑える工夫が施されています。

MENU

DIGNOR

DIGNORは、京セラが展開するスマートフォンです。
DIGNOR202Kの名前で展開されており、94gの世界最軽量のスマホを自称しています。

 

筐体とバッテリーは一体となっており、取り外しはできませんが、各社のフラッグシップモデルでもバッテリーが取り出せないモデルは珍しくないため、大きなデメリットということは難しいでしょう。

 

マグネシウム合金フレームや小型化された基盤などを最適に配置して、さらに液晶周りのベゼルをきわめて狭くしているのでサイズがH122㎜×W60mmの小型スマートフォンにおさまっています。さらに奥行は10.4mmと薄く世界最軽量スマホにふさわしい形状といえます。

 

また軽量化、狭小化したことでバッテリーの容量も1800mAhと抑えなければなりませんでしたが、インテリジェントWi-Fiという機能が搭載されることにより、移動中はWi-Fiのアクセスを中止してバッテリーの消費を抑えるなどの工夫が施されています。

 

OSはアンドロイド4.1を搭載してCPUはクアルコムのSnapdragon S4 MSM8960 1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載しています。
メモリは1.5GB、ストレージは16GBとフラッグシップモデルとはいえませんが、全体のパッケージを通してみると十分おもしろいスマートフォンといえるのではないでしょうか?

 

またスマートソニックレシーバーと呼ばれる技術が採用されており、音と振動で通話や音楽を聞けるようなっているため、耳に筐体を接触させることで相手の声が聞こえる技術になっています。
これは騒がしい駅のホームや交通量の多い場所でも相手の声がしっかりと聞こえ、他人に音が漏れないというメリットがあります。

 

また最小スマホながら防水・防塵機能にも対応しており、防水はIPX5、IPX7に対応して、防塵はIP5Xに対応しています。

 

このようにDIGNOR202Kは世界最小スマホとして確かな個性を発揮しており、全体的にバランスの取れた性能を持ったスマートフォンということができるでしょう。