ハイスペックな機種は発熱しやすくなるですが、Galaxy S6は発熱を非常に少なく抑えています。

MENU

Galaxy

Galaxyは韓国のサムスンが世界各国で展開しているスマホのブランド名です。
主にドコモが取り扱っていますが、一部の機種はauでも販売しています。

 

Galaxy S6の特徴として、ガラスとメタルが融合した高いデザイン性があります。

光学フィルムを用いたガラスのリアパネルは、光の当たり方次第で様々な色彩に変化します。
また指紋を防御するコーティングも施されているため、画面が汚れてしまうのを防いでくれます。

 

そして、さらにデザイン性を高めるのがGalaxyにぴったりな純正カバーです。
カバーを付けても薄さをキープできるのは専用で用意されたものならではのメリットでしょう。

 

他にもオクタコアCPUを搭載しており処理速度は非常に向上しています。
ゲームやインターネットの視聴にはほとんど不便を感じないでしょう。
スマホのバッテリーも長持ち仕様となり、万が一の緊急長持ちモードも備わっていますので安心です。
おくだけ充電にも対応しており、手軽に充電できるのも魅力的です。

 

これだけのスペックでありながら発熱が少ないのも、Galaxy S6のすごい所でしょう。
ハイスペックになると発熱しやすくなりますが、Galaxy S6ではその発熱を非常に少なく抑えています。

 

 

ここまでは非常に魅力的な内容となりますが、実は痛いデメリットが存在しています。

それは防水性能が無いという点です。
デザイン性はとても優れているのですが、防水ではないのは注意しなければなりません。
大体のものは防水されているだろうと思って油断していると、データを失いかねませんので注意してください。

 

さらにSDカードが使えないというデメリットもあります。
当たり前のように使用できていたSDカードが使えなくなると困る人も多いでしょう。

 

端末価格も少し高めで値引きなしだと9万円を超えてしまいます。
デザイン性を重視する人であればスペックは問題ありませんのでおすすめです。

 

しかし、値段や防水性が大切だと言う人には強くおすすめ出来ない点が多いです。
スマホの使用目的を考え、自分にとって何が重要か考えるようにしてください。