格安スマホのプランはバラエティに富んでおり、事業者もモデルも多種多様なものになっています。

MENU

格安スマホについて

 

「格安スマホに乗り換えたいな。」

 

と思っている人も多いでしょう。
格安スマホとひと口にいってもどういうものが格安スマホなのか理解していない人も多いでしょう。

 

これは単刀直入に言えば、ソフトバンク、au、ドコモ以外のMVNOが提供する格安SIMのことで、料金プランが大手3社と比べて極端に安いことが特徴となっています。

→SIMフリーカードに交換する方法

 

例えばソフトバンクの関連会社であるY!mobileなどは家電量販店などでも多く扱っている格安スマホの代表格で月額2980円から利用できるなど大手3社の料金プランと比べても格段に安いです。
他にもモバイルインターネットで有名なWiMAXのUMOBILEなども1GB、2980円から利用できる格安MVNOです。

 

この他にもさまざまな格安スマホが存在していて、イオンモバイルなどは月額料金1380円で2GBのデータ通信がついて、これに端末台の料金で利用することができます。
また楽天モバイルも月額1600円、3.1GB+端末台で利用でき、コストパフォーマンスに優れたものとなっています。

 

他にもレンタルDVD事業などを行うGEOが展開するゲオスマホやブックオフが展開するスマOFFなどは中古の端末などを利用して格安プランを提供するなど格安スマホの種類をさらに広げています。

 

このように格安スマホのプランは、非常にバラエティに富んだものになってきており、事業者もモデルも多種多様なものになっています。

 

ただ注意しなくてはならないのは、大手キャリア3社のスマートフォンと比べて、デメリットもあるとうことです。

 

例えばキャリアメールアドレスがなかったり、通信量がそもそも少く機種のスペックが低めだったり、購入できるショップが少ないなどが挙げられます。

 

とくに購入できるショップが少なく、家電量販店などでも取り扱いが少ないため、格安スマホに興味を持っているけれど、どうやって手に入れるかわからないという人も多いようです。